Q
株式会社モリロボ / 調理機器 / 2017

自動で生地を流し、焼き上げるクレープロボット。調理の効率化が主題ながら、ユニークな焼き上げプロセスにも魅力がある。
上部のタンクから生地が落とされると、加熱された円盤型の鉄板はレコードプレーヤーのようにゆっくりと回りながら、均一な生地をコンスタントに焼き上げる。これまで職人がしてきた作業をそのまま自動化したようなその工程は、まるで透明人間が作業しているようで、どこか温かみや愛嬌を感じさせる。
そこから着想した佇まいは、メカニカルな魅力と懐かしく愛らしい表情を併せ持つ。

PH:榑林武俊
VI:松崎貴史
q_1
q_2
q_3