わたしが欲しいものを誰かがつくる
誰かが欲しいものをわたしがつくる
ワークショップ / 2021

使い手、考え手、作り手の役割をローテーションし、人形をつくるワークショップ。 自分が欲しい人形を別の参加者がデザインし、さらに別の参加者が造形する。 同時に、自分も別の参加者の人形をデザインし、また別の参加者にとっての作り手になる。 自分(誰か)の想像が第三者に解釈される(する)ことで、想像し得なかった人形を持ち帰ることができる。
001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011